海外転職の際に必要なTOEICのスコアは?

海外で働く女性

海外転職の際、基本、ビジネスシーンで意思疎通できる英語力が必要となってきます。採用の際、企業が期待するTOEICのスコアはどれくらいなのか気になるところですね。

そこで今回は、海外転職の際に必要なTOEICのスコアについて考えてみたいと思います。

TOEIC700点は欲しいところ

英語力をアピールする際、TOEICのスコアがあるとアピールしやすいです。数字で計ることができるTOEICのスコアがある方が、面接の際においても、説得力がありますね。

そこで気になるのが、海外転職の際に求められるTOEICのスコアですが、700点はほしいところですね。

【参考】企業が期待するTOEICスコアとビジネスパーソンの平均スコア

企業が期待するTOEICスコアとビジネスパーソンの平均スコア

【参考】TOEICスコアとできることの目安

TOEICスコア できることの目安
900~990
  • 自分の専門分野の高度な専門書を読んで理解できる。
  • 英語を話す人達が行っている最近の出来事・事件についての議論を聞いて内容を理解することができる。
800~895
  • 英語で書かれたインターネットのページから、必要な情報・資料を探し収集できる。
  • 職場で発生した問題点について議論をしている同僚の話が理解できる。
700~795
  • 会議の案内等の社内文書・通達を、読んで理解できる。
  • 自分の仕事に関連した日常業務のやりかたについての説明を理解できる。
600~695
  • 自分宛てに書かれた簡単な仕事上のメモを読んで理解できる。
  • ゆっくりと配慮して話してもらえば、目的地までの順路を理解できる。

必要なのはTOEICのスコアより実際に使える英語力

ただ、実際のビジネスシーンで必要となるのは、実際に使える英語がどうかです。これはTOEICのスコア以上に重要です。

海外拠点で働く場合、英語で社内のローカルスタッフとコミュニケーションを取る必要が出てきます。また、クライアントが現地企業や外資企業の場合も同様に英語でやりとりする必要があります。

そこで求められるのが、ビジネスシーンで問題なく意思疎通できる英語力です。

海外転職を考えている方は、日頃から英語に接する環境を作っておこう

英語をはじめとする語学を勉強する際、必要なのが実際に使う環境を作っておくことです。使えば使うほど、語学力は磨かれていきます。

日頃から英語に接していれば、日本人が得意でない、スピーキングやリスニング力も向上します。これは、ペーパー試験のTOEICのスコア以上に重要です。

海外転職を考えている方は、日本にいるときから、英語力を高める努力をしておきましょう。

シェアする