駐在と現地採用の違いについて

海外で働く女性

海外で働く場合、採用方法は2通り。「日本採用(駐在)」か「現地採用」になります。

ここでは、駐在と現地採用とでは、待遇面や社内ポジションなどでどのように変わってくるか見ていきたいと思います。

待遇面について

まず福利厚生面が違います。日本採用(駐在)の場合は、日本の人事規定が適用されますので、企業によって、海外駐在手当て、住居、車などが支給されます。

一方、現地採用の場合、現地での規定が適用されるので、現地基準の待遇となります。日本人の現地採用の場合、現地のローカルスタッフより待遇はいいですが、駐在員ほどの厚待遇とはいかないのが一般的です。

あと、給与が支払われる通貨も変わってきます。現地採用の場合は100%現地通貨ですが、駐在の場合は、何割かが日本円で残りが現地通貨となることもあります。

社内でのポジションについて

駐在員は、日本本社の意向を聞いて現地を動かす仕事が基本になります。現地での重要なポジションはこの駐在員が担います。一方、現地採用ポジションでは、日本人スタッフ(駐在員)と現地人スタッフのつなぎ役を担います。

現地採用からスタートして、日々成果を出している方なら、日本採用の駐在ポジションに変えてもらえるケースも(ただし会社にもよります)。

採用について

日本採用の駐在員のほうが、現地採用よりも待遇面・ポジション面で有利なだけに、求められるスペックも高くなります。日本採用の場合、採用面接は日本で行われます。一方、現地採用の場合は当然のことながら面接は現地になります。面接時の渡航費は、現地採用の場合、自己負担と考えておいたほうがいいでしょう。

さいごに

現在日本にいる方であれば、日本採用の駐在員として働くのが待遇・キャリア面から見るといいでしょう。まずは、海外駐在のチャンスを探してみるといいでしょう。

どうしても海外で働きたいという方は、現地採用という手もあります。現地採用であれば、駐在員より採用ハードルは大分と低くなります。行動力が伴えば、海外で働くチャンスは結構あるでしょう。

チャンスは自分で掴むもの。海外で働きたいと考えている方は、英語などの語学力を向上させるのはもちろん、社内で海外関連の仕事があれば積極的に関わるようにしておくといいでしょう。

日頃からアンテナを貼っておくとともに、チャンスが来たら動き出せるよう準備しておきましょう。

シェアする