【駐在員/現地採用】アメリカの求人を扱う転職エージェント

日系企業にとって最も重要なマーケットの一つであるアメリカ。昨今は、中国などアジアに進出する日系企業が増えていますが、それでもアメリカは、日系企業にとって重要な拠点の一つであり続けるでしょう。

また、広い米国では、地域により集中する産業に特徴があり、NYでは金融、シリコンバレーでは半導体、南カリフォルニアではロジスティック等、地域性があります。

日本人人材の求人に関しては、即戦力を求める企業が多く、より専門知識を求められる傾向にあります。また、ポジションによって求められる英語力は異なりますが、ビジネスレベルの英語力を持ち合わせることが前提となります。

なお、アメリカでのの求人情報、就業情報について詳細は、アメリカの求人を扱っている転職エージェントに聞いてみるといいでしょう。下記のエージェントであれば、取り扱い実績が豊富なので、色々と最新情報を教えてくれると思いますよ。

日本採用の駐在員で考えてる方はこちら

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートが運営する国内最大手の転職エージェントなので、求人数も多く、海外勤務の求人も多く持っています。グローバルポジション求人数も業界トップクラス。アメリカ駐在員の求人を探している方は、まずはここを抑えておくといいでしょう。

JAC Recruitment

JAC Recruitment
海外転職、海外事業関連の転職に強いエージェント。JAC Recruitmentは、世界10カ国に拠点があり、グローバルな転職サポートが特徴です。

海外事業関連の求人数3000件以上。海外進出企業の駐在案件から海外法人の現地採用まで、海外求人を多く持っています。また、英文レジュメの無料添削や英語面接対策などのサービスも。

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)海外勤務求人特集

管理職・グローバル人材に特化したエグゼクティブ向けの会員制転職サイトで、人気の求人やおすすめの求人を会員だけに公開。現在の年収が500万円以上の方におすすめ。職務経歴書を登録しておくと、採用企業・ヘッドハンター双方からスカウトを受けることができます。

現地採用で考えている方はこちら

PASONA

PASONA
日本でも転職サービスを展開する「パソナ」のアメリカ現地法人です。ニューヨーク、テキサス、カリフォルニア、シカゴ、デトロイトに拠点があります。

コンサルタントが最新の求人情報だけでなく、 履歴書の書き方アドバイスやマッチング時のキャリアプランの相談から、就労時、お仕事開始後のフォローアップまで、現地での転職活動全般をサポートしてくれます。アメリカ現地で転職活動する際は、活用してみるといいでしょう。

シェアする