海外就職フェアやセミナーに行ってみよう

海外勤務の仕事を探す

近年は、第二新卒の方や30歳近い方だけでなく、新卒者の方でも海外就職を視野に入れている人が多くいます。

せっかくの20代の貴重な時間を、価値観に縛られた日本でずっと過ごすのはもったいないと感じている方も多く、そのような方が海外へ目を向けます。

ですが、まだ行ったこともない土地ならば、インターネットだけでなく、生の情報も得たいところです。

そんな時に役に立つのが、海外就職フェアやセミナーです。同じく海外志向の学生や就職活動をしている人と出会えますので、良い刺激にもなります。

海外就職フェアやセミナーに行くメリット

今抱えてる不安に対してコンサルタントの方が協力してくれる!

海外に行きたいけれども、まだ行ったこともない国に憧れていたり、行ったことはあるけれど、旅行で行ったくらいなので、詳しい事情が分からないという方も多いはずです。

旅行で行くのと、働いてその土地で暮らすのは、まったく違うことです。お給料を貰い、自炊したり自分で生活費をやりくりして、1年に1回くらいは帰国することを考えると、想像以上に節約しないといけないこともあります。

海外で働けば、物価の差でリッチな生活をできると考えてしまう方もおられますが、実際はさほどそうでもありません。

また、海外就職の際に提出する履歴書なども、インターネットにある例を見ながら準備してみても、それが本当に人事の方に見やすいものかどうか、自分ではわかりません。

そのような際に手助けしてくれるのが、フェアやセミナーの主催者である会社のコンサルタントです。彼らは何千人もの若者を海外に送り出すことを仕事としているので、どんな対策をとれば、海外就職が実現できるのかを知っています。

まず、そういう方に出会う場としても、フェアやセミナーに足を運ぶ意味はあります。

実際に海外就職を果たした先輩の声が聞ける!

今やインターネットでも、海外就職をした人の感想は見られますが、ブログなどが主流のため、何か質問したくてもレスポンスが返ってくるかどうかはわかりません。

しかし、これから海外就職を始めたい人にとって、生の声が聞けるセミナーでは、質疑応答の時間が設けられていますので、率直な感想を聞くことができます。

だいたいブログなどではメリットだけを書いていることが多いですが、行ってみて自分に合わなかったと思うことも、セミナーでは聞くことができます。

もちろん、内容としては海外就職をしたい方の後押しをするためのものなので、ネガティブな要素はあまりありませんが、実際に行った人と話をするチャンスはあまりありませんので、海外に行くことを迷っている方は、ぜひ質疑応答に参加してみましょう。

自分の行きたい国に住んでいる方や、行きたい業種に就いておられる方の話なら、なおさら聞いておいた方が良いです。

海外就職するなら、フェアやセミナーは必須?

必須ではないがメリットの方が多い

海外就職は、今やインターネットでも簡単に応募ができてしまいます。ですから、わざわざ足を運ぶのも面倒くさいという方もおられるかもしれません。ですが、大半のセミナーは無料参加できます。

そこでは、求職者同士で情報や意見を交換することもできますので、自分が本当に海外に行きたいという気持ちを後押ししてくれるでしょう。本当は行きたいけれども、親が反対していたり、自分もやれる自信がないと思っている方は、「今しかチャンスがない」ということをとても強く実感すると思います。

海外は危険、不衛生、日本なら安心ということを考えてしまうと、海外就職するメリットはありません。若いうちに良くも悪くも年功序列で、古い考え方にとらわれている日本のビジネスのやり方しか知らなければ、のちに海外に行こうと思ったり、派遣された時に戸惑うことでしょう。

まだ適応能力の高い20代から30代の若い方こそ、仲間を作って海外に出るべきなのです。

フェアやセミナーを通した就職の方が安心

フェアやセミナーに出店している企業ブースや、ビデオメッセージをくれる企業は、本当に心から日本人を欲しいと思っている企業です。

もし、セミナーなどを使わずに海外就職をするとしたら、書類の用意からビザの申請、面接など全てを自分で管理しなくてはなりません。特にビザのサポートは必要不可欠です。

会社の人事がしっかりしていて、ビザの取得サポートに力を入れてくれているところが安心ですが、初めての海外就職では、なかなか戸惑うこともあります。エージェントを通した方が、安心して渡航できます。

最後に

海外就職をしたい方は、せっかくなので無料のセミナーや交流会に足を運んでみましょう。まだ見ぬ発見もありますし、充実したサポートを受けることもできます。

また、そこで人脈を築くこともできますので、行かないよりは行った方が得るものは大きいです。特に就職を成功させた方のインタビューや質疑応答には、積極的に参加しましょう。

シェアする