海外への転職に強い転職エージェント情報

「海外で働いてみたい」、「英語力を活かしてグローバルな仕事をしたい」、では、日本を飛び越えて世界で仕事をするには?

ネットで調べれば、情報は程度入ってきます。まずはしっかり情報収集しましょう。希望する業種、業界で、海外進出している会社あれば、求人が出ていないかチェックしてみる。また、希望する国が決まっていたら、その国に進出している企業を徹底的に調べてみるのもいいかもしれませんね。

あと、海外転職の際においても、転職エージェントを使う方がほとんどかと思います。海外転職となると、自力で調べてみても、どうしても求人情報が限られてきます。こういった情報の欠如を補うためにも、転職エージェントも同時に活用することをおすすめします。

特に、海外求人といった専門的なポジションにおいては、非公開となっている求人がほとんどで、こういった非公開求人は転職エージェントでのみ扱われています。

まだ、転職エージェントを利用していないという方は、利用登録(無料)しておき、非公開求人をはじめとする海外求人を紹介してもらうようにしましょう。

海外求人を扱う転職エージェントは?

海外求人を探している方は、以下の転職エージェントを利用するといいでしょう。下記の転職エージェントであれば大手だけあって、取り扱い実績が豊富。あなたの条件に合った案件を色々と紹介してもらえますよ。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートが運営する国内最大手の転職エージェントです。リクルートエージェントなら、海外展開しているグローバル企業ともコネクションがあるので、海外勤務の求人についても多数保有しています。

グローバルポジションで多いのが、製造業、エネルギー関連、サービス業、ネットサービスといったあたり。勤務地として最も多いのがアジアですが、アメリカ、ヨーロッパ、中南米などその他のエリアの求人もあります。まずはここを抑えておくといいでしょう。

転職成功実績No.1のエージェントがあなたの転職活動をフルサポートしてくれます。

得意なエリア:全世界に案件多数

JAC Recruitment

JAC Recruitment

海外転職、海外事業関連の転職に強いエージェントです。海外進出企業の駐在案件や海外出張のあるポジションなど、アジアを中心とした海外勤務求人の紹介とサポートには豊富な実績があります。

海外事業関連の求人数3000件以上、大手・優良企業の案件を多数持っています。JAC Recruitmentでは、年間1300名以上の登録者が海外事業要員としての転職に成功しています。

求人は、ミドルからハイクラスのポジジョンが多い印象ですが、なかには、職種未経験可の求人や英語力をそれほど問われない案件もあります。

得意なエリア:中国・韓国・香港・タイ・マレーシア・ベトナム・インドネシア・シンガポール・インド・イギリス

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)海外勤務求人特集

海外拠点の管理職クラスの求人を探す際は、BIZREACH(ビズリーチ)を活用するといいでしょう。BIZREACHは、管理職・グローバル人材に特化したエグゼクティブ向けの会員制転職サイトで、人気の求人やおすすめの求人を会員だけに公開しています。

海外勤務の求人では、財務、生産管理、品質管理部門の管理職(責任者)、エンジニア、スペシャリスト、海外事業責任者候補、現地の工場長、海外営業事業部長、CEOといったポジションの案件があります。

職務経歴書を登録しておくと、採用企業・ヘッドハンター双方からスカウトを受けることができます。会員制ならではの普段あまり見かけない非公開求人やポジションもあり。

得意なエリア:中国・韓国・香港・シンガポール・オーストラリア・アメリカ・カナダ・ヨーロッパ

パソナグローバル

パソナグローバル

パソナグループのグローバルに特化した案件を扱うエージェントです。扱う求人は現地採用の案件が中心。登録すると、国際経験豊かなパソナグローバルのコンサルタントが、あなたのキャリアを最大限に活かせる、グローバルに活躍できる仕事を紹介してくれます。

また、海外勤務を目指す方のためのイベントやセミナー、「JOB博」が東京・大阪で定期的に開催されています。「海外就業を具体化させたい」「語学力を活かした仕事をしたい」といった方は、無料で参加できるセミナーに参加してみるのもいいでしょう。

得意なエリア:台湾・シンガポール・香港・アメリカ・インド・カナダ・韓国・ベトナム・インドネシア・タイ・中国・マレーシア

転職エージェントを活用するコツは?

各転職エージェントそれぞれ強みを持っている部分が異なったりします。よって、持っている求人もエージェントにより異なります。

それに海外勤務の求人は、国内の求人に比べて数が少なくなるもの。求人に出会える可能性を拡げるためにも、上記で紹介している転職エージェントでまだ登録していないところがあれば登録して、求人を紹介してもらえるようにしましょう。

また、英文レジュメの書き方、英語面接対策や、海外転職事情についてなど、いろいろ気になることを聞いてみたり、相談に乗ってもらうのもいいでしょう。

相談会やセミナーに参加するのもあり

海外求人を扱う転職エージェントでは、定期的に、海外就職・転職に関する相談会やセミナーが開催されています。これらは無料で参加できるので、海外で働きたいと考えている方は、参加してみるのもいいでしょう。

例えば、JAC Recruitmentでは、「【日系食品/飲料企業】海外営業・駐在 転職個別相談会」「個別キャリア相談会 海外ビジネス経験者」などの相談会・セミナーが、東京、横浜、大阪など主要都市で開かれています。

その他、パソナグローバルでも、アジア各国への転職を希望・念頭にしている方を対象にイベントを定期的に開催しています。

こう言った相談会・セミナーに参加することで、自分と同じ海外就職を目指す人たちにも会えますし、また、実際に求人を出している企業の方と話もできるのでかなりモチベーションが上がりますよ。

最後に

「転職活動は情報が命」と言っては、ちょっと大げさかもしれませんが、海外就職となると、どうしても情報が欠如しがち。よって情報が大事となってきます。自分で情報収集するとともに、転職エージェントも活用して、情報の幅を広げるようにしましょう。

ただ、転職エージェントまかせで受け身の姿勢では、海外就職は難しくなります。あくまでも主体的に自分から動いていきましょう。自分のできるところからでいいので、一歩一歩進んでいけば、その先にはきっとチャンスが広がっているでしょう。

それでは、あなたの海外就職が現実のものとなることを願っております。

シェアする